社会制度のこと

「通級」と「特別支援学級」と「特別支援学校」の話。

障害児の就学を考えた場合、通常級、通級、特別支援学級、特別支援学校が候補に挙がります。通常級には馴染みがあるものの、最初は分かりづい障害児を対象とした就学先について、それぞれにどんな特徴があるのか、また、入学までの流れや地域差にまとめました。
社会制度のこと

障害者の「就労」と「支援」と「課題」の話。

障害者の就労を支援する制度として、就労移動支援、就労継続支援(A型、B型)、就労定着支援事業があります。これらの制度や一般企業での障害者雇用枠がある一方で、障害者の雇用や就労は健常者のそれとは平等ではないという現実があります。この問題点、課題、詳細の予測についてまとめました。
出産・育児のこと

「アンガーマネージメント」と「子育て」の話。

子育てをしているとイライラしてしまうことがあります。障害児育児となるとなおさらです。イライラした気持ちのまま、衝動的に言葉や行動を子供に投げてしまうと、あとで後悔することが多くあります。それを防ぐために、アンガーマネーメントを子育てに生かすための話です。
スポンサーリンク
社会制度のこと

「障害児福祉手当」と「特別障害者手当」と「違い」の話。

児童手当や特別児童扶養手当と比較して、障害の程度がより重度の方を対象とした手当として障害児福祉手当と特別障害者手当があります。これらの手当がどのような目的、対象者となっていることかに加え、他の手当との違いや、同時に受給した場合の月額のイメージなどをまとめました。
社会制度のこと

障害児の「成年後見制度」と「問題点」と「対策」の話。

両親は子どもが成人するまでの親権を行使することにより、子供に関与することが出来ます。ところが、子供が成人すると親権はなくなり、子供の財産などは子供が自己管理することになります。これは障害児も同じです。これに対処するための成年後見制度と問題点、対策をまとめました。
ダウン症のこと

障害児の「医療保険」と「必要性」の話。

ダウン症などの先天性障害がある場合、医療保険には加入できないと思われていないでしょうか。健常児よりも選択肢は少ないですが、加入できる保険はあります。一方で、こども医療費助成制度があります。医療費の助成がある中で医療保険は必要性についてまとめました。
社会制度のこと

「障害年金」と「老齢年金」と「遺族年金」の話。

年金問題は依然としてたびたび問題になります。これは65歳以上が受給する「老齢年金」に関することですが、年金にはこれとは別に「障害年金」「遺族年金」があります。この記事では障害年金のことを中心に、各年金の制度や関連性について整理します。
出産・育児のこと

「出生前診断」と「NIPT」と「思うこと」の話。

ダウン症をはじめとした染色体異常などの先天性疾患を生まれる前から把握することは、その対応を前もってできるために非常に有益です。それだけ聞くと誰しもが受けるものに聞こえますが、そこにはリスクもあります。診断方法と障害児の父として思うことをまとめました。
社会制度のこと

「障害児通所支援」と「児童発達支援センター」と「放課後等デイサービス」の話。

ダウン症をはじめとする障害児と生活をしていく際、親は多くの情報や手助けしてくれる人が欲しいと思いますし、子供には健常の子以上に多くの刺激や指導が欲しいと願います。そんな助けになってくれるのが「児童発達支援センター(事業)」や「放課後等デイサービス」などの「障害児通所支援」です。
ダウン症のこと

ダウン症の「難聴」と「補聴器」と「購入費助成」の話。

ダウン症は難聴を合併していることが多いとよく言われます。以前に別の記事でも書きましたが、ダウン症では滲出性中耳炎※となっていることが多く、これが難聴の原因にもなります
ダウン症のこと

「療育」と「治療」と「教育」の話。

ダウン症は個人差があるものの筋肉の緊張が弱く、知的障害があるという特徴があります。ただ、これらの面については発達がゆっくりではあるものの出来ないままになることは少ない、という話もよく聞きます。確かにその通りなのだと思いますが、ダウン症の子を持った親としては出来ない期間が長いと不安ですし、早くできるようになってほしいと誰もが思うのではないでしょうか。
ダウン症のこと

ダウン症の「接し方」と「遊び方」の話。

家族や、友人、知人に子供が生まれたことを知り、その子がダウン症や障害を持っていることを知ったとき、その方との付き合いが疎遠になってしまっている方が多いのではないか? 考えすぎです。親としては関わってもらえないのが一番さびしい.。
社会制度のこと

療育手帳の「手続き」と「メリット・デメリット」の話。

障害者手帳は身体障碍者手帳、療育手帳、精神障害者保障福祉手帳の総称です。知的障害を対象とした療育手帳を中心に手帳の違いや、取得におけるメリット、デメリット、さらに制度の課題などをまとめました。
社会制度のこと

「特別児童扶養手当」と「児童手当」と「児童扶養手当」の話。

子供を育てるという際には多くの方が経済面での不安を抱えると思います。その不安の解消のために国や自治体の制度があります。更に、障害がある場合は、健常の子よりも手厚い制度が設定されています。これらの制度があれば不安は解消される、というほどのインパクトは正直ありませんが、それでも制度は絶対に活用すべきです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました