社会制度のこと

ダウン症のこと

「ヘルプマーク」の「課題」と「今後」の話。

ヘルプマークの導入は全国に広がっています。それに合わせて配布数ものびています。しかし、一方で利用率は思っていたようにはのびていません。ヘルプマークの意味や対象者を整理し、今後の課題などまとめました。
その他

「公共交通機関」と「障害者」と「課題」の話。

公共交通機関は不特定多数が利用するものです。しかし、歩行障害・車いすに代表される身体障害者に対するルールや仕組みが出来ている乗り物でも、知的・精神障害者は利用に不安を感じることがあります。どんなルールがあり、どんなことが必要になるかまとめました。
社会制度のこと

「生活保護」と「障害者との関係」の話。

生活保護という言葉はたびたび耳にします。しかし、その精度の概要や受給条件など分からないことが多いです。また、障害者は受給対象になるか、障害年金も並行してもらうことは可能でしょうか。ここでは、生活保護の概要、障害者との関係をまとめました。
スポンサーリンク
ダウン症のこと

障害者の「遺産相続」と「遺言(遺書)」の話。

親である自分がいつか死ぬことを想像したときに、子供、とりわけ障害をもつ子供のことが心配になる方は多いと思います。障害をもつこどもは相続の対象になるのか、相続は思い通りに行うことができるのか、などまとめました。
社会制度のこと

障害児の「グループホーム」と「入居の判断」の話。

障害児グループホームは18歳以上の障害のある方が、自立へのStepとして、住みたい地域で生活していくための場所として選択するものです。その目的や費用、ダウン症児の親としてどのように捉えているかをまとめました。
ダウン症のこと

「障害者スポーツ」と「Adapted Sports」の話。

障害者スポーツ。英語ではAdapterd Sportsと表現するそうです。つまり、障害者スポーツという全く異なるスポーツがあるわけではなく、スポーツのルールや用具を障害に応じて適用させたスポーツという意味です。障害者スポーツの説明、必要性、今後の課題などについてまとめました。
ダウン症のこと

「人口妊娠中絶」と「問題点」と「思うこと」の話。

人工妊娠中絶は実施する週数によって方法や解釈が変わります。出生前診断が広がる中で中絶はどのように変わっていくでしょうか?また、障害を理由とした中絶は可能でしょうか。これらの情報と、ダウン症児の父として思うことをまとめました。
社会制度のこと

「通級」と「特別支援学級」と「特別支援学校」の話。

障害児の就学を考えた場合、通常級、通級、特別支援学級、特別支援学校が候補に挙がります。通常級には馴染みがあるものの、最初は分かりづい障害児を対象とした就学先について、それぞれにどんな特徴があるのか、また、入学までの流れや地域差にまとめました。
社会制度のこと

障害者の「就労」と「支援」と「課題」の話。

障害者の就労を支援する制度として、就労移動支援、就労継続支援(A型、B型)、就労定着支援事業があります。これらの制度や一般企業での障害者雇用枠がある一方で、障害者の雇用や就労は健常者のそれとは平等ではないという現実があります。この問題点、課題、詳細の予測についてまとめました。
社会制度のこと

「障害児福祉手当」と「特別障害者手当」と「違い」の話。

児童手当や特別児童扶養手当と比較して、障害の程度がより重度の方を対象とした手当として障害児福祉手当と特別障害者手当があります。これらの手当がどのような目的、対象者となっていることかに加え、他の手当との違いや、同時に受給した場合の月額のイメージなどをまとめました。
社会制度のこと

障害児の「成年後見制度」と「問題点」と「対策」の話。

両親は子どもが成人するまでの親権を行使することにより、子供に関与することが出来ます。ところが、子供が成人すると親権はなくなり、子供の財産などは子供が自己管理することになります。これは障害児も同じです。これに対処するための成年後見制度と問題点、対策をまとめました。
ダウン症のこと

障害児の「医療保険」と「必要性」の話。

ダウン症などの先天性障害がある場合、医療保険には加入できないと思われていないでしょうか。健常児よりも選択肢は少ないですが、加入できる保険はあります。一方で、こども医療費助成制度があります。医療費の助成がある中で医療保険は必要性についてまとめました。
社会制度のこと

「障害年金」と「老齢年金」と「遺族年金」の話。

年金問題は依然としてたびたび問題になります。これは65歳以上が受給する「老齢年金」に関することですが、年金にはこれとは別に「障害年金」「遺族年金」があります。この記事では障害年金のことを中心に、各年金の制度や関連性について整理します。
社会制度のこと

「障害児通所支援」と「児童発達支援センター」と「放課後等デイサービス」の話。

ダウン症をはじめとする障害児と生活をしていく際、親は多くの情報や手助けしてくれる人が欲しいと思いますし、子供には健常の子以上に多くの刺激や指導が欲しいと願います。そんな助けになってくれるのが「児童発達支援センター(事業)」や「放課後等デイサービス」などの「障害児通所支援」です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました